快眠の方法を寝室の環境から考えてみよう

快眠の方法

快眠の方法|良く眠れる寝室の条件

快眠の方法と寝室の条件

寝室の環境は、心地よい眠りを得るためにとても重要だと思います。

できるだけ静かで、穏やかな気持ちになれる寝室にしたいものです。

1日8時間眠るとすると、一日の約1/3を寝室で過ごしていることになります。

リビングや客室のインテリアにはこだわっていても、「寝室は誰にも見られないからいいや・・・」というのではなく、自分に一番心地よい環境を作ることは大切だと思います。

一般的に言われる良い寝室の条件としては、

■光

おぼろげにものの形が見える20〜30ルクスぐらいの明るさがよいとされています。夜は照明器具で調整ができますが、明け方日が出てくると、遮光性の低いカーテンでは光が入り過ぎてしまいます。遮光性の高いカーテンを選んだほうが朝までよく眠れると思います。

■音

不眠で悩んでいる時は、小さな音でもとても気になります。

時計のカチカチという音や、エアコンのファンの音も気になりだすと止まりません。 また、家族の協力も絶対必要です。眠れない時期は、できれば他に影響されないように一人で眠る方がいいと思います。

■温度・湿度

理想的な室温は夏が25℃、冬は15℃。湿度は年間を通して50%ぐらいです。エアコンなどで温度調節をするときは、冷房は25〜28℃、暖房なら18〜22℃を目安に。

電気代が・・・・と気になる時もありますが、体が資本です。一番心地よい温度と湿度で過ごしたいものです。

■インテリア

刺激の強いインテリアなどはやめた方がいいと思います。眼にやさしいアースカラーでまとめるのが一番でしょう。 また、散らかっていると気持ちが落ち着かないので、寝室にはあまり物を置かず、生理整頓がしやすい環境にした方がいいと思います。

 
 

不眠よさようなら記事一覧

HOME

不眠症を改善したい!ストレスをなくして快適な睡眠を手に入れよう!不眠症改善のためにできること

 

不眠症の知識

不眠症と睡眠障害の基礎知識。不眠は病気なのでしょうか?今は専用の外来などもあり、不眠の治療は進んでいます。うつ病にならないためにも今、自分の状況を確かめましょう

 

不眠症の薬

病院で処方される薬、薬局での市販薬、サプリメント、漢方薬など、不眠症に効果があると言われている薬の紹介です。

 

快眠の方法を寝室の環境から考える

快眠の方法を、寝室の条件や環境などから探ってみましょう。何か、快眠の方法が見つかるかもしれません。

 

快眠できる寝具で朝までゆっくり睡眠を

快眠できる寝具について。布団や枕などに少しこだわってみましょう。きっとあなたの快眠寝具が見つかるはず。

 

不眠症をアロマで!眠りを誘うおすすめの香りは

不眠症をアロマで緩和する。おすすめの眠りを誘うエッセンシャルオイルは?不眠症とアロマ セラピー。

 

不眠症の解消法を探して…管理人コラム

不眠症の解消法を探して…。管理人の体験談コラムの部屋。小学生の時から不眠症に悩まされた管理人のコラムです。

 
Copyright © 不眠症を改善したい!不眠よさようなら All Rights Reserved.